• シンカリオンE5×(クロス)500
    NEW!
  • シンカリオンE5×(クロス)500
    関西弁Ver.NEW!
  • シンカリオン500こだま
  • シンカリオン500こだま
    関西弁Ver.
  • シンカリオンE5はやぶさ
  • シンカリオンE6こまち
  • シンカリオンE7かがやき
  • コンテンツ紹介CM
  • シンカリオン3体集合!!
  • テーマソング
    『チェンジ!シンカリオン』
  • 700/N700シリーズ
  • シンカリオンE5はやぶさ
    津軽弁Ver.
  • シンカリオンE6こまち
    秋田弁Ver.
  • シンカリオンE7かがやき
    石川弁Ver.
  • 700/N700シリーズ
    関西弁Ver.
  • 700/N700シリーズ
    博多弁Ver.

日本の技術と夢がつまった乗り物である新幹線が、巨大なロボット「シンカリオン」に変形!!!
日本の安心と安全を守るため、強大な敵に立ち向かう。
「シンカリオンE5(イーファイブ)はやぶさ」の登場を皮切りに、新たなシンカリオンが続々登場予定。おもちゃ化も決定し、各地でのイベント展開、雑誌による展開も進行中。君もシンカリオンに会えるかも!?他にも様々な企画が進行し、シンカリオンはどこまでも成長していく。
夢のプロジェクトが出発進行!!!

新さいたま市に住んでいる速杉ハヤト。
ハヤトは鉄道博物館に勤める父の影響で、新幹線や電車が大好きな少年である。

ある朝ハヤトは、父が置き忘れた『Shinca』というカードで鉄道博物館の地下に存在する
特務機関「新幹線超進化研究所」へ迷い込んでしまう。

最深部の格納庫で新幹線E5系を発見したハヤト。
すると、なぜか乗車扉が開いたので乗り込んでみたその時、

突然、警報とアナウンスが響き渡る。
「バチガミが出現。市街地を破壊しています!」

新幹線E5系はハヤトの持つ『Shinca』に反応し、
ハヤトを乗せたまま、自動操縦により目的地に向かって発車してしまう。

土偶に似た巨大な物体が街へ近づき暴れているのが見えたとき、通信映像に父が映った。
「ハヤト!すまないが、今『バチガミ』を倒せるのは、現場にいるオマエだけだ!」

『バチガミ』は異次元からやってくる未知の敵。

父の指示でハヤトが運転席に『Shinca』をタッチすると先頭車と後尾車が連結を始め、人型のロボットへとチェンジした。
このロボットこそが、バチガミに対抗するために『新幹線超進化研究所』が秘密裏に開発した
『シンカリオンE5はやぶさ』だ。

街のピンチは放っておけない。ハヤトは「E5はやぶさ」を操縦して、バチガミへ立ち向かう!
日本の安心と安全を守るため、「新幹線変形ロボ シンカリオン」の戦いが、今始まる!!

タカラトミーおもちゃ情報
×閉じる